特別な一冊

【読者の方の感想】

☆「 神様は 一つの命を幸せにするために 幸せは贈らない。なぜなら それでは 命のかなしみは救われないことを知っているから。」今日 三回読みましたが 鳥肌が立つような 文章だな...と思いました。本当に 、そうだな...と...今ここで 生きている自分を大切にしてあげたいです...。

☆すぐに読めてしまうお話なのですが、深かった。カミナリにうたれたように思った。いつまでも、読み継がれていく名作の童話のようになってくれたらいいなと思う。

☆帯に「この物語を書くためにわたしは生まれてきたんだと思います」って書いてて、え~!?そこまで~?、どんな話しなんやろ~?と思って一気読み。最後のページは鳥肌が立ちました。まさに神様からのプレゼント!私ってば、応援されてるよ!と思いました。他の本を卒業する事があっても、この本だけは手放してはいけない!!と思いました。ありがとうございました。ホントにいい本出してくれてます。何度も助けてもらいました。これからもよろしくお願いします。

☆この本は、どうしたら幸せになれるのか、なぜ自分はつらいのか、それがとてもシンプルに理解できます。人生の一番大切なことが書いてあって、人生の教科書になりました。読んでいて心がとても温かくなるし、落ち込んでいる方には是非読んでもらいたいし、プレゼントしたいと思いました。

☆プリンセスレッスンを具体的に実践するのが難しいという方にもとてもいいと思います。一番お気に入りの本になりました。購入して本当によかったです。

☆ほとんど小説に近い見た目に仕上がっていて、物語で「法則」をおしえるものとしては、『サラとソロモン』の次に気に入りました。これは、これまでにいくつかの、あるいはたくさんの、幸せになるための本を読んできた人なら、うんうん!と思い返しながら楽しめることでしょう。語り手が14歳なので中1の数学を習った中学生向けにぴったりで、先生がおばあさんなので人生の大先輩に話を聞いてみたいかたにもきっとためになります。